お金借りる 申込み

お金を借りる時に必要な書類とは

お金を借りるときには、まず書類、印鑑証明、身分証明などが必要になります。印鑑証明は身分証明の一部ですが、運転免許証やパスポートに比べるとやや劣ります。その理由は、顔写真がないからです。身分を証明する際は本人の顔写真がある書類が最も有効で、お金を貸す側にとっても信頼度が高いことを覚えておいてください。そのため運転免許証などを取得していない人は、戸籍謄本などもセットにして提出するといいでしょう。

 

給料明細、健康保険証も必ず必要になります。それもそのはず全く収入がない人に対しては、お金を貸すことはできないからです。健康保険証も保険料をしっかり支払っている証明になりますし、先に挙げた書類の一部として信用材料となります。

 

また担保、連帯保証人も用意しておきましょう。期限内に返済できなかったときの保険を、お金を貸す側へ提示しなければなりません。もちろん連帯保証人などは、近しい人物に依頼するのがセオリーです。家族や親戚になってもらうことが多いので、自ら頭を下げてお願いするしかありません。家族などに内緒でお金を借りたいと思っている人は、注意しておいてください。最近では担保、連帯保証人などを必要としないところも出てきています。そちらを頼るのも手となるでしょう。

 

キャッシングの審査は通りにくいの?

キャッシングをしようと思っていても、審査通らないという人もいます。そもそもこの審査とはどのようになってるのでしょうか。これは「お金を借りる 審査」といったキーワードで検索するとわかりますが、まず収入、特に低収入があることと、個人信用情報にブラックがないことが、主な条件となります。ですから審査通らないという人は、まずこの条件を満たしているかどうかをチェックしてみましょう。

 

それから収入があってブラックがなくても、他からの借金が多いとか、パートやアルバイトなどの場合は、審査に落ちてしまうということもあります。このような時は借入額を少なくするとか、銀行よりも審査が甘い消費者金融を利用するという方法もあります。ただしこの場合、審査が甘いということは、パートとかアルバイトの人でも借りられるということであって、ブラックがあっても大丈夫ということではありません。

 

それから消費者金融を利用する場合は、総量規制に抵触していないかどうかも条件となります。総量規制は年収の3分の1以上の金額を借りられないシステムで、すべての消費者金融に適用されます。ですから消費者金融を既に何社か利用しているときは、審査で落とされることもあるので注意しましょう。

page top