お金借りる 身内 同僚

身内や同僚にお金を借りる場合に注意すること

事故やトラブルなどに遭遇して、予定外に急にお金が必要になる状況になってしまう人は意外にも少なくありません。想定外の状況に対応出来る程度の貯金や余力があれば特に問題はありませんが、給料日前やボーナス前、貯金にゆとりが無い等で、必要な金額がそのタイミングで準備できない場合もあるのです。

 

そのような状況において、金融機関などでキャッシングローンサービスなどを利用する人もいますが、おばあちゃん、祖母、祖父をはじめ兄弟、友人あるいは上司、同僚などにお金を借りる算段をする人もいます。お金を借りる方法は人によってその選択も様々ですが、人間関係の中で起きるトラブルとしてその原因の上位には金銭に関するトラブルが挙げられます。だからこそ、やむを得ず身内や同僚に借りる場合には細心の注意が必要になるのです。

 

身内や同僚などの人間関係がある人々だからこそ、ついつい甘えて気軽に借りてしまいそうですがトラブルになる場合は、その関係性に甘えることによって後々発生する場合が多くあります。どれだけ親しい間柄であっても、借入を申し込む際には、その理由と金額、返済計画と返済能力を証明する為の収入証明や給料明細などをきちんと提示した上で、書面にて借入金額と返済期間、返済金額や利息などをきちんと取り交わすことが大切です。

page top